• ホーム
  • 産科で処方されたトリキュラーで鬱症状

産科で処方されたトリキュラーで鬱症状

トリキュラーは計画的な避妊ができる低用量ピルのひとつで、三相性タイプのホルモン剤となっています。
月経サイクルの間に毎日服用することで女性ホルモンをコントロールし、排卵を抑えることで受精や着床といったリスクを無くします。
避妊成功率は99.9%と言われ、避妊するには最もメジャーで堅実な方法です。
ピルを購入するには薬局などではなく、医師の問診が必要となっており、産科や婦人科で処方してもらうことになります。
その際に血液検査なども行い、使用するピルが体に合っているか確認しますが、必ずしも正しい選択ができるとは限りません。

トリキュラーといった低用量ピルは、女性ホルモンの量をギリギリまで控えてあるので、体への負担も少なく、副作用もほとんどないと言われていますが、ごく稀に鬱症状が起こることがあります。
ピルによるホルモンバランスが一時的に変化することで、密接な関係にある自律神経も乱れ、鬱や自律神経失調症に似た症状が現れます。
酷い症状ではニキビが増えたり、毛が抜けやすくなるなど、ホルモンによる影響が大きく出ますが、これらは一時的なものと言われており、通常では体が慣れるまで2~3シートほど服用してから様子を見るようになっています。
産科や婦人科の医師に相談するのも良いですし、自身の判断で止めてしまうのも可能です。
突然服用を止めたからといって、体にデメリットが出るわけではないので、その判断は本人に委ねられます。

副作用の発生率や症状の重さは個人差があるので、トリキュラーが合わなかっただけということもあります。
他の薬に変更すると上手くいくこともあるので、産科や婦人科の医師とよく相談した上で決めるといいでしょう。
また、すでに鬱病の人は、抗うつ剤とピルの併用が難しいので、精神科の先生とも相談して決める必要があります。