• ホーム
  • トリキュラーに毒性があると勘違いされる理由

トリキュラーに毒性があると勘違いされる理由

心配している女性

トリキュラーは低用量ピルの1つで、正しく使用することで身体は妊娠したと脳が錯覚し、排卵をさせないように指令を出します。
脳が妊娠したと錯覚をするので、トリキュラーを服用すると、使い始めて最初の内は吐き気や頭痛、乳房の張りなど妊娠初期の症状に似た副作用が出る場合があります。
その時の具合の悪さや頭痛が辛く感じられると、トリキュラーは避妊の高い効果があっても、毒性があるので身体が拒否反応を起こしたと勘違いする人も中にはいます。
しかしそうではなく、体調の変化の理由は副作用が理由だと考えられるのです。

トリキュラーを服用した結果、少々太ったと感じる人もいます。
痩せた身体が人気がある現代では、何かをした結果太ってしまうと、そのものに毒性があるかのごとく感じてしまう場合もあります。
実際にトリキュラーを服用したことで太ったと感じる人はいるようです。
しかし副作用の1つに乳房の張りが挙げられます。
乳房が張るということはバストアップにもつながり、結果ふくよかに見えたという人もいます。
また食欲が増進してしまい体重が増えた、という人もいました。
しかしこれらは副作用が理由なので、シートを使い始めて1~2ヶ月で症状は治まる傾向にあります。
そのためトリキュラーに毒性があるので起こるのではないことを知ってください。

トリキュラーは女性ホルモンが配合されてる低容量ピルです。
女性の身体はホルモンの影響を非常に受けやすいデリケートな身体です。
そのため服用することが理由で何かしらの影響が出てもおかしくはありません。
正しい理解を最初にしておくことで、その影響が一時的な物か、長期的な物なのかを判断して使用することが出来ると考えられます。
しかし服用し続けても副作用の症状が改善しない場合は、本当に身体に合わない可能性もあるので、医師に相談してみる必要があります。